世界の旅

世界で最も有名な美術館・ルーブル美術館|パリの街歩き

ルーブル美術館|パリの街歩き

  •  May 06, 2021
フランス・パリのルーブル美術館

フランスの2大美術館と言えば、「ルーブル美術館」と「オルセー美術館」ですね。まずはルーブル美術館(宮殿)からご案内。広大な館内に膨大な数の様々な芸術作品が展示されているので、時間に余裕があれば数回に分けて鑑賞できると理想です。写真撮影禁止により、建物外観の写真のみとなります。ガラス張りのピラミッドが入口です。

(新型コロナウイルス感染拡大の影響により、2021年5月時点では休館中のようです)

世界で最も有名なルーブル美術館外観 フランス観光で最も人気のあるルーブル美術館

【ルーブル美術館(Le Musée du Louvre)】
1190年、ルーブル城はフィリップ・オーギュスト王の統治時代に誕生。重厚な要塞に囲まれたお城は、1364年になってようやく王宮へと変わりました。フランス君主により宮殿は何世紀にもわたって改築されましたが、アンリ4世の統治下で1595年〜1610年にかけて「グラン・ギャラリー」が建設。1791年議会法によりルーブルが芸術分野に指定されたのち、1793年の美術館オープン以来ずっとその進化が止まることはありません。

パリ観光で欠かせないルーブル美術館

ルーブル美術館はエジプトアンティーク、絵画と彫刻の現代コレクション、装飾芸術、版画とデッサン、イスラム芸術など8部門からなり、レオナルド・ダ・ヴィンチ作『モナ・リザ』をはじめ『サモトラケのニケ』や『ミケランジェロの奴隷』など世界でも名高い作品を含む約38,000点が展示されています。なお、美術館の前にあるパリ市民の憩いの場となっているチュイルリー庭園はパリで最大かつ最古の公園で、ルネサンス期にカトリーヌ・ド・メディシス王妃のために作庭されたものです。

(出典:ルーブル美術館公式サイト/外部リンク)
プレミスト大江本町売り物件のリビング
P R

 最上階物件 売出中【画廊のような佇まい】

電車通りに面して建つ、全邸南向きの開放的な住戸配置を実現した総戸数50邸の高級マンション。現在売出中の最上階物件は、20世紀フランス画家の巨匠・ベルナールビュッフェのリトグラフ、90年前に描かれたヴィンテージ絵画、中世の華やかな宮廷絵画など各部屋に配置してギャラリーさながらの優雅な住空間を実現。今なら、イタリア家具などを付けて販売中です。
詳しいご案内は、専用ページ をご参照ください。

フランス・ルーブル美術館 パリ・ルーブル美術館
パリの街歩き
フランス・パリのオルセー美術館
駅舎だった建物が語る

オルセー美術館はもともと駅だったこともあり、その名残をうかがわせる細長い建物、ガラス張りの屋根、あるいは ... 続きを読む

BACK TO TOP